茨城県水戸市の弁護士なら弁護士法人 miin

  • HOME
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • 相談の流れ
  • アクセス
  • お客様の声

相続を放棄する手続き

NK1_6602.jpg  
相続財産には、現金、不動産、預貯金などのプラス財産だけでなく、住宅ローンや借金などのマイナスの財産も含まれています
そのため、マイナスの財産が、プラスの財産より多い場合は、相続を放棄することができます

 

これを相続放棄と言います。
 
より正確には、相続には、単純承認限定承認相続放棄の3種類があります。
 

単純承認

被相続人の財産の一切を継承する方法です。この場合は特別な手続きをする必要はありません。
 

限定承認

プラスの財産が多いのか、マイナスの財産が多いのかが分からない場合に、有効な相続方法です。
相続で得た財産の範囲内で借金を返済する、という条件で相続を承認する方法です。
限定承認の手続は、相続開始を知った時より3ヶ月以内に、家庭裁判所に「限定承認申述書」を提出して行います。
限定承認のデメリットは、非常に手間と時間がかかること、法定相続人が複数いる場合には必ず全員で手続をしなければならないことです。
 

相続放棄

被相続人の財産を放棄し、一切の財産を相続しない方法です。
被相続人の遺産よりも借金の方が多い場合、この方法を取ります。相続人が被相続人の死亡を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に「相続放棄申述書」を提出し、それが認められれば相続人ではなくなります。
ポイントは、3か月以内に、相続を放棄するという意思表示を書面で裁判所に提出する必要があることでございます。
相続放棄する場合には、相続放棄に反する行為をしないこともポイントとなります。
相続放棄の前に、被相続人の預貯金を使ったり、車を処分したりしてしまいますと、相続放棄が出来ない場合がありますので、注意が必要かと思います。
第1順位の相続人が相続を放棄した場合は、第2順位、第3順位へと相続人が代わりますので、相続人になる全てのかたが、順番に、相続放棄をする必要があります。
(この場合は、同じ裁判所に行うことができます。戸籍などの資料を順次使用できますので、同じ裁判所に行うことをおすすめします。)

 

相続分野についてはこちらをご覧ください

相続でお困りの方へ

当事務所の相続問題解決の特徴

弁護士と他士業の違い

遺産分割問題

遺産分割問題解決の流れ

相続調査について

遺産分割協議と遺産分割協議書

遺産分割調停と審判

遺産分割の訴訟について

遺留分と遺留分減殺請求

遺留分減殺請求するには

遺留分減殺請求されたら

特別受益と寄与分

特別受益が問題になる場合

寄与分が問題になる場合

相続の基礎知識

相続のスケジュール

法定相続とは

相続を放棄する手続き

遺言書を作成したい方

公正証書遺言を薦める理由

公正証書遺言の作成方法

 

お気軽にご相談ください 029-302-01111

HOME

弁護士紹介

事務所紹介

ご相談の流れ

アクセス

弁護士費用


茨城県水戸市城南1丁目4-7 第5プリンスビル6階
TEL:029-302-0111 FAX:029-302-0023
初めての方でも安心してご相談いただける地元水戸市の法律事務所です。

Copyright (C) 2015 弁護士法人miim All Rights Reserved.