弁護士法人 miin

  • HOME
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • 相談の流れ
  • アクセス
  • お客様の声

労働訴訟

NK1_6436.jpgのサムネール画像  
「訴訟で焦点となるポイントがわからない」

 

「訴訟を起こされてしまった後の対応に困っている」

 

「解雇をした従業員から過去に遡って賃金の支払いを求められている」
 
この場面でも、当事務所では、紛争予防」「問題発生の事前回避」「早期解決が最も重要と考えています。あらゆる紛争やトラブルは、時間的にも、精神的も、経済的にも、長期化すればするほど、マイナスが大きいと考えるからです。

 

私自身、何度も、労働訴訟の場面を経験しましたが、労働訴訟になった場合、ほとんどの場合で、企業側が金銭賠償をすることになります
ですので、ポイントは、いかに労働審判や裁判に盛り込まれないように事前に対応するかです。
ここでも、早期事前に誠実かつ真心のある対応が不可欠です。

 

さらに、日常業務における会社内の快適で素晴らしい「人間関係」の構築が重要です。
日常的に良い人間関係の構築が出来ています企業では、労働訴訟、労働審判までいくこと少ないと感じています。
 
ただし、そうはいっても、いくら日常的に努力されていても、紛争が起こることはありますし、その対応は、適切に行う必要があります。

 

労働訴訟とは、調停の成立または労働審判の確定ができなかったものに対して、第三者に判断を仰ぎ、問題を解決しようとするものです。
多くの労働訴訟で争点となるのは、解雇をされた従業員が手続きの無効を主張し、未払い給与の支払いを求めてくるというものです。

 

原則として労働法は労働者を守ることに重きを置かれた法律です。
相手側の請求に対して対応が遅れてしまうと、交渉で主導権に進められてしまい、本来支払う必要のなかった費用を支払ったり、企業イメージの低下を招いたりといった大きな経営リスクを負うこととなります。
 
訴訟を起こされたら、まず相手側との和解に応じるか、判決を求めるかの判断が求められます。
経営者にとってどちらの手続きが最善の結果をもたらすのかについて、事実関係を整理・把握し、慎重な判断をしなければなりません。これらの判断には法的な専門知識を要する専門家のアドバイスが必要になります。基本的には、交渉して、訴訟を取り下げていただくことを最善最速にすべき事案が多いと感じます。
 
弁護士に依頼をすることで、会社の信用を低下させることなく和解案を調整することができます
実際に訴訟を行う際には、依頼者と話し合いをしながら、勝訴を勝ち取るための主張を組み立てます。
訴訟を起こされた後の対応はもちろんですが、労働者から訴えられないための労働環境の整備や労働条件の調整、解雇の際のアドバイスなどに応じられます。
 
当事務所では労働問題に強い弁護士が依頼者のお悩みに対して親身に対応致します。
 
初回相談料は無料ですのでお気軽にご相談ください。

 

労働問題に関するコンテンツはこちら

労働問題

解雇

残業代問題

団体交渉・労働組合対策(法人側)

労働審判

労働訴訟

 

 

お気軽にご相談ください 029-302-01111

HOME

弁護士紹介

事務所紹介

ご相談の流れ

アクセス

弁護士費用


茨城県水戸市城南1丁目4-7 第5プリンスビル6階
TEL:029-302-0111 FAX:029-302-0023
初めての方でも安心してご相談いただける地元水戸の法律事務所です。

Copyright (C) 2015 弁護士法人miim All Rights Reserved.